So-net無料ブログ作成

動物 資格:動物を扱う資格 [ためになる資格]

動物を扱う資格には、トリマー、ドッグ・セラピスト、愛玩動物飼養管理士、獣医師、家畜人工授精師、ドッグライフカウンセラー、初生ひな鑑別師等があります。
獣医師は、獣医学部を出ないとなれない、動物を扱う資格ですが、最近人気の、なり易いものに、トリマーがあります。
犬や猫などのペット美容師の資格です。
ブラッシング、爪切り・耳掃除、シャンプー・リンス、カッティングなど美容に加え、飼い主から相談を受けるため、健康・飼養管理に必要な知識も必要です。
ジャパンケネルクラブ(JKC)や各スクールが認定する動物を扱う資格があります。
JKCの動物を扱う資格 は犬のトリマー資格であり、ランクはC級、B級、A級、教士、師範の5つ。C級の受験資格は満18歳以上で、JKCに2年以上の在籍者か、JKC公認のトリマー養成機関で課程を修了した者に与えられます。
動物を扱う資格の中で、獣医師を除くと、都市部の就職率は高く、ここ数年、トリマーの待遇も良くなっています。
勤務先もペットショップ、ペット美容室、ブリーダー、ドッグショー用に育成するハンドラー、動物病院と多岐に渡ります。
ペットショップを開業、フリーのトリマーと言う選択もあります。
ただ、動物を扱う資格を取りたい人は、動物を責任のある愛し方ができないといけません。
動物を扱う資格を考える前に、生き物を責任を持って飼う経験をしたほうがいいかもしれません。

コアリズムが激安だ
コアリズムが激安で
コアリズムが激安お
ブラックケアシャンプーが激安で
ブラックケアシャンプーが激安ぎ
ブラックケアシャンプーが激安し
ホホバオイルシャンプー1
ホホバオイルシャンプー12
ホホバオイルシャンプー13
柿渋石鹸が激安で

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。